創造性を成果に結びつける思考「人間力クリエイティブチョイス」


2017年3月18日(土)

IMG_20170318_114811 IMG_20170318_114800
 講義時間帯: 10時~17時   会場: かながわサイエンスパーク (KSP) 

 

講師:  

講師名: 堀内 浩二 氏 (ほりうち こうじ)

堀内浩二






早稲田大学大学院理工学研究科(高分子化学専攻)修了。

アクセンチュア(当時アンダーセンコンサルティング)にて鉄道会社・道路公社・学園法人・飲料メーカー・化学メーカーなど多様な業界における基幹業務改革プロジェクトに参画。1998年より米国カリフォルニア州パロアルトにてITベンチャーの技術評価プロジェクトに携わった後、グローバル企業のサプライチェーン改革プロジェクトにEビジネス担当アーキテクトとして参画。2000年に帰国、ソフトバンクと米国VertialNet社との合弁事業において 情報技術及び事業開発全般を担当。

 2002年に株式会社アーキットを設立後は、「個が立つ社会」をキーワードに、「知」(論理的思考・問題解決)、「情」(EQ理論)、「意」(内発的動機づけ理論・意志決定論)を融合させた社会人教育事業に注力している。2004年からはグロービス・マネジメント・スクールにて講師(思考系領域)を務めている。またEQグローバルアライアンスにて公認EQトレーナー育成を支援している。

 主な書籍:「クリエイティブ・チョイス」日本実業出版社、「リスト化仕事術」、「リストのチカラ」ゴマブックス。

 http://mebius-gs.jp/teacher

 

対象:
MGS 全てのコースで学ばれている受講者の皆様 
講義の重要ポイント:

事業を始めるか始めないか、転職するかしないか。わたしたちの仕事や生活は二者択一に思える選択肢に満ちています。功罪相半ばする選択肢から、どちらかを選ばなければなりません。多くの場合は期限付きで、じっくり考える時間もありません。しかし問題を性急に「XかYか?」「イエスかノーか?」と絞り込んでしまうと、他にあり得た選択肢を見逃してしまうおそれがあります。本講座ではそのような問題にどう取り組み、選択肢をどう創り出し、選択に対する満足度をどう高めるかを考えていきましょう。

(堀内講師からのコメントです)
『大小合わせて10を超えるクイズとエクササイズを用意いたしました。楽しんで ご参加していただけるよう、ベストを尽くします。』

 

講義内容:

1.合理的な選択とは
2.「創造的な選択」とは
  目的と手段の往復運動
  直感との付き合い方
  J社の「試行」に学ぶ
3.組織における「創造的な選択」
  「我がこと」を突き詰めて、「皆のこと」まで突き抜ける 
                                               (予定)

 

受講者が達成できる内容:

(受講者の声)

●クリエイティブチョイスを学び、チャレンジは人を成長させるということに真から共感しました。
リスクを負う事を通して、自分自身 や他者の深い部分に関わることが出来るということを学びました。(企業 人材育成担当者)

●「決断(いくつかの選択肢からひとつを選び、選ばなかった選択肢への未練を断つ)」をする立場になる人間が必ず背負わなければならないハードルを感じました。
今自分が課せられている仕事への意味やミッションを深く考えるいい時間とな
りました。(企業 人事)

●いくつかの選択に迫られたとき、「答えはそのいずれかだけではない」と考えられるかどうかで、自身の思考が一瞬明るく、高々に遠くまで見渡 せる視野に変化したように思えました。
MGSで学んでいる間、ずっとものごとの本質について考え
る場面が多くあるのですが、選択の本来の「目的」を考えるこ とからも本質が見えてきたことに、まさにブレイクスルーでした。(外資系企業 人材育成担当者)