東洋の知恵を体感する「波動理論と心と身体の健康 」

2018年2月17日(土)

 講義時間帯: 10時~17時   会場:かながわサイエンスパーク (KSP)
IMG_1876 20180217 8 IMG_1881 (1) 20180217 3 IMG_1884 (1)20180217
講師:  

講師名:
■大野 雅之
・株式会社統合共育研究所 代表取締役
・メビウス人財育成グラジュエートスクール学長
・大阪経済大学経営学部 講師
・NPO法人国際メンタ-シップ協会 理事

■安川 雅章 (やすかわ まさあき)

安川さん150

・安川健康開発研究所 所長
・日本アーユルヴェーダ学会員
・日本エニアグラム学会員
・こころとからだのメンター

社会人にこころとからだのメンターとしてアドバイスする目的で安川健康開発研究所を設立。自己を知り、自己をコントロールすることの大切さを提唱。アーユルヴェーダ、東洋医学、東洋心理学を中心に自己分析法のチェックによって気質・体質を診断する方法を確立。また、20年以上にわたり、波動測定器MIRSで1万人以上の被験者を測定し、人間の共通点や相違点に着目し、波動研究を人間の本質の研究として位置づける。波動数値が低い問題点の改善策を求めてアーユルヴェーダ、東洋医学、東洋心理学(九星気学)、アロマテラピー、バッチフラワー、ホメオパシー、漢方、サプリメントなど幅広く研究している。

対象:

MGS 全てのコースで学ばれている受講者の皆様 

講義の重要ポイント:

波動を理解することは、人と人の関係、人と環境との関係、心と体の関係・・・など、「関係性」を理解することに繋がります。波動に関しては、まだまだ仮説である領域も多く、また、科学で証明されていない部分も多くあるのも事実です。しかし、計測という数値化された結果を目の当たりにすることでそれぞれの受講者が自分なりの仮説や対応の姿勢をつくることができるのではないかと考えます。

 

講義内容:

1.波動とは何か
波動とは何かを科学的なアプローチで分析し、波動理論を紹介する

2.東洋医学の観点で「心と身体」の関係を考える
心理と生理の関係性、心身一如の考え方を理解する

3.個別波動測定体験
個別に波動測定を体験し、簡単な個人カルテを作成する

4.自然治癒力を高める様々なアプローチの紹介と事例紹介
アーユルヴェーダ、漢方、アロマ、ホメオパシー、サプリメント、バッチフラワー、等

5.まとめ
波動理論が私達に与えてくれる生き方のヒント

受講者が達成できる内容:

・「関係性」について熟考する機会となる
・自分の心と身体の状態が分かる
・「人間」と「宇宙(自然)」の関係を再考するチャンスとなる
・本当の自分を理解する端緒となる
・人間関係について新しい視点で考えることができるようになる

【講師からの一言】
とにかく体験してみて下さい。今回の内容に関しては理屈よりも体感することが重要です。
また、多くの事例をご紹介しますので、是非、参考にしていただき、お一人おひとりの心と身体の健康に役立てていただきたいと思います。