MGSとは

幸福感の醸成と持続的成長を目指して

MGSは、人間力(知力・感力・行力・活力・場力)を向上させ、また、深い自己理解と他者との共創を実践することを通して幸福感の醸成と持続的成長を得られる社会人の為の人財共育機関です。
私達は、このMGSの取組みを、変化する時代の中で人と社会を立体的に捉え、ハピネス(幸福)に結び付けられるユニークな取組みであると自負しています。
_________________________________________________________________________________________________

1. 人間力とは
2. 5つのインテリジェンス
3. MGSの特徴
4. MGS受講生 「8つの姿勢」

1. 人間力とは           


「個人」と「組織」のワークライフ・ハピネスを高めていくもの、それは「人間力」です。メビウス人財育成グラジュエートスクール(MGS)では、この「人間力」が5つの力、すなわち「知力」「感力」「行力」「活力」「場力」から成り立っているものと捉えています。さらに、この人間力を「21世紀の知」として知られる「統合の知」と「共生・共創の哲学」をもってダイナミックに統合させて創りあげたのが、本学のユニークなカリキュラムです。

この5つの力を高めながらこれらを統合させ、「個々の人間がそれぞれの自分らしさを持って輝きながら互いに高め合う社会(共進化社会)」の実現を目指しています。

2. 5つのインテリジェンス      


人のインテリジェンスは、単に頭のインテリジェンス(IQ)だけではありません。こころ(感情)のインテリジェンス(EQ)体(身体知)のインテリジェンス(BQ=行動力)もインテリジェンスとしてとらえることができます。また、人間の中心となる”腹”は生命力を生み出す肝識とも呼ばれ、頭と心と体を結びつけ、シナジー効果をもたらす最もパワフルなインテリジェンス(SQ=シナジーのS)です。
しかし、その4つのインテリジェンスも土台が必要であり、頭・心・体・腹を持つ人間も状況(コンテクスト)があって、初めてフルに4つの力が発揮されます。この5つ目のインテリジェンスが、最も大切な場のインテリジェンス(FQ=フィールドのF)です。これらの5つのインテリジェンスをトータルに高めていこうというのが、メビウス人財育成グラジュエートスクールの役割なのです。

3. MGSの特徴            


1.カリキュラム
 (理論、演習、実習、実践のラーニングプロセスを重視)
 「人間力の向上」を基本として、5つのインテリジェンス(知力・感力・行力・活力・場力)をカテゴリー化した内容と、それらを統合し、受講生1人1人の関心領域と学習目的を明確にしたオーダーメード的なカリキュラムを実現する事ができる仕組みになっています。

2.各階の第一線で活躍する講師陣  (ユニークな哲学・思考の実践者)
全ての講師が、様々な現場において理論を実践し、高い評価を得ています。また、これからの時代に必要な理論やスキル(ツールも含む)を熟知し、人財の育成のために本気で取り組んでおられる方ばかりです。

3.学習スタイル (哲学・思考方法・知識・智慧・技術・スキル・方法論が身につき、同時に共育・共進化の体験)
 “知識”重視のスタイルとは異なり、多重知能(マルチプルインテリジェンス)を使った学び方をしていただきます。その為、単に知識として理解するではなく、感性をフルに使い、腑に落とし、現場で実践し、成果や効果を実感できるところまで学んでいただきます。

4.  スチューデントサポート (スチューデントメンターの存在)
学びをより深くすることを目的に一人ひとりの受講生には、スチューデントメンターがマンツーマンで様々な支援をいたします。また、MJ(メンタリング・ジャーナル)を提出していただき、毎回の学びの内容を深めていきます。
更に、共に学ぶ者同士の共感や共進化により、より一層深い学びが得られることでしょう。

5. 共創・学習コミュニティ  (SNS活動や勉強会等の実施)
受講生の学習効果をより一層高めるため、「受講者同士の相互支援実践の場」として活用していただくことを目的としたSNS(MGSアウトプット共創広場)や受講生を中心とした勉強会を実施いたします。
*勉強会は公式の講義ではなく、受講者とMGS事務局が主催となって統合共育研究所のセミナールームを開放して行います。

4. MGS受講生の8つの姿勢 

 
深い学びや真の共創・共育を実現させる為には、参加者の方のある程度の価値観の共有が必要となります。楽しく、安心して、より深く学ぶ為に下記の8つの姿勢を共有しています。

1. 常に目的を意識し、手段と統合しよう
2.未知のものを否定せず、一旦受け入れて考えよう
3.ものごとをコンポン(本質)から考えよう
4.違いを受け入れ、楽しもう
5.信じる心感謝の気持ちを大切にしよう
6.必要な時は、いつでも仲間に助けを求めよう
7.全てのインテリジェンス(知・感・行・活・場)を活かそう
8.自分らしさを大切にし、他者の気持ちを思いやろう