メンタリングで活きる「EQ能力開発」

2018年6月23日(土)

20150221 EQ320150221 EQ620150221 EQ 

 

 講義時間帯: 10時~17時  会場: かながわサイエンスパーク (KSP)

 

講師:  

講師名:梶谷 久美子

(在米)アンティオーク大学大学院修士課程卒業(異文化コミュニケーション専攻)                                                                     
桜美林大学非常勤講師
株式会社 DreamQuest Sound 取締役

異文化コミュニケーションコンサルタント
EQGA公認EQトレーナー及びプロファイラー
国際メンターシップ協会チーフエグゼクティブメンター
トマティス聴覚カウンセラー
ヴォイスアナリスト
ヴォイスコンサルタント
ヴォイスヒーリングトレーナー
クォンタムタッチプラクティショナー

トマティス発声法トレーニング修了(東京)
アレキサンダーテクニーク・ヴォイストレーニング修了(ロンドン)
プロフェッショナル・サウンドヒーリングトレーニング修了(シアトル)
メンタルヘルスマネジメントIII種検定合格

http://dreamquestsound.com/jp/profile.html

 

対象:

MGS 全てのコースで学ばれている受講者の皆様 

講義の重要ポイント:

EQは、私たちのコミュニケーション活動において、自分自身と相手の気持ちを上手にやり取りしながら信頼関係を築いていくためにはなくてはならない能力です。EQ能力を高めることは、人間関係をより良くすると同時に自分自身の心と身体のメンテナンス能力も向上させます。

 

講義内容:

(1)EQ(感情知能)が対人コミュニケーションに与える影響

1.コミュニケーション能力の高さとは
2.人間的魅力とは
3.EQの要素
4.EQが発揮される場面
5.EQの特性

(2)対人コミュニケーションモデル

(3)EQ能力開発のための目標設定

(4)EQ能力開発

1.  心を向ける
2.  周辺視野と集中視野
3.  心をニュートラルに保つ(自然体、客観性)
4.  感情の調整(ポジティブ感情の効果、楽観主義の勧め、ストレスコーピング)
5.  非言語コミュニケーション
  (パラランゲージ、ボディーランゲージ、パーソナルスペース、セルフプレゼンテーション)
6.  受容と共感 (共感力の育成の仕方、相手の心に届く声で話す、ほめる、リフレーミング、共感を言葉で示す)
7.  信頼関係を築く(呼吸を合わせる、肯定的にかかわる、言葉づかいを合わせる、VAKラーニングスタイル)

(5)EQコミュニケーション実践練習

用意していただくもの:身体を動かしやすい服装。当日の講義の進捗状況により、講座内容が多少異なることもございますので、ご了承下さい。

 

受講者が達成できる内容:

・EQ(感情知能)が人間関係に与える影響について学ぶ

・自分自身のコミュニケーションスタイル及びEQ能力についての気づきを深める

・EQ能力を開発する方法を学ぶ

・より良い人間関係を築くための方法を学ぶ

・心身を上手にケアして充実した毎日をおくれるようになる


講師からの一言:

自分自身を大切にしながら周囲の人たちとの関係もより良いものにし、人生の質を向上させましょう!