【人財育成コンサルタント】 曽根貴一郎(東京)

 曽根貴一郎さま

  曽根 貴一郎  (そね きいちろう)  

  2014年11月 
  エグゼクティブメンターコース修了
  NPO法人国際メンターシップ協会 エグゼクティブメンター認定

  現在 「チーフ・エグゼクティブメンターコース」 在籍

  産業カウンセラー
  日本アクションラーニング協会認定ALコーチ

  スリーエスラーニング代表
 
 メンターとしての取組内容
  • メンティの中に潜在しているものに気づきに目を向けてもらえるように支援していきたいです。
 MGSでの学びの中の気付き

自分のMVPを見つめなおすことで、自分が何をやっていきたいのかが整理できました。
講座だけではなく、参加者との交流の中からも「あ、そうゆう見方もあるんだ」という多様性を感じることができます。自分と違う価値観への気づきもありました。

 MGSをお勧めする理由

講座の内容は「こうでなければならない」ということではなく、いろいろなことを学習する中で統合していけます。学習内容を自分の中で納得できる形にできるので身に付きます。
メビウス統合理論は対立する事柄であってもそこから何かが生まれるというものであり、これまでの自分の考えなどを否定することなく、新しいものを生み出せるという考えはお勧めです。
また、参加するメンバーからも刺激を受けられることもお勧めできる点です。

仕事や人生観に変化がありましたか?

自分のミッションを見つめなおせました。自分が本当にやりたいことは人への支援であることに
気づき、会社を辞めて新しくやりたいことをやるための道に踏み出しました。

 MGSで学ぼうと思われたきっかけ、目的

元々はMGSの卒業生の推薦でした。そこからメンタリングの考えを含めいろいろ学んでいきたいと感じるようになりました。MVPを見つめなおすことで自分の気づきを得た結果、ここで続けて学んでいきたいという気持ちになりました。

 MGSの学びはどのように活かされていますか?

物事の本質を見ようとしています。また、相手は相手の考え方があり、多様な価値観を尊重しようと心掛けています。

  今までの講義の中で、最も印象に残る講義の感想

ブレイクスルーの講義とクリエイティブチョイスの講義が印象的でした。
物事を「目的」から考えそのために何をするのかを選択するという感じで2つの講義が連動した感じで印象に残っています。