(11月)新しい時代のパラダイムシフト                         ~アフターコロナを生き抜く為のメンターの知恵~

※この講義は、「対面」のみの実施となります。

日 時:2022年11月19日(土) 10時~17時
会 場:ホテルKSP(かながわサイエンスパーク西棟併設)
講 師:塚田 晃氏 (つかだ あきら)
対 象:
MGS 全てのコースで学ばれている受講者の皆様全ての社会人。
メンター、管理職、教育者、コンサルタント、人材育成担当者、カウンセラーの方々等、人を支援する役割を持っている方。

講義の重要ポイント:
時代が大きく変わろうとしている変動期であることを認識し、どのような思考の枠組み(パラダイム)でこれからの時代を生きるべきか…等を
意識レベル、脳科学、量子論等から展開します。アフターコロナを生きる指針となります。
講義内容:
1.自己紹介(セルフトーク)一人5分程度 ⇒ 自己開示 2.捉え方・在り方の根本的見直し ⇒ 自己認識
(1)時代の周期、時代の転換
(2)宇宙認識(既知と未知)/最ミクロ~最マクロ)
(3)五感、視覚が捉えている世界
(4)最ミクロ、最マクロ         *Power of 10 (視聴)3.意識変容のために ⇒ 自己覚知
(1)時代の転換と社会・組織  *ティール組織 (視聴)
(2)意識の階層
(3)クォンタム・コミュニケーション4.実生活での心掛け ⇒ 自己受容 ⇒ 自己信頼
(1)三角人間関係ドラマ
(2)グラウンディング       ※誘導瞑想
(3)俯瞰意識、メタ認知<時間がある場合>
5.カードの1枚引きメッセージ
受講者が達成できる内容:
ものごと、人間関係などの捉え方を見直し、自らの在り方を見直してみることで、これからの時代にふさわしい生き方を考える機会になります。
自己開示→自己認識→自己覚知→自己受容/自己信頼の流れで、深い思いに気づき、その深い思いと言動を一致させることが大切なことに気づけます。
これからの時代のパラダイムに目が開きます。
講師からの一言:
これから時代は急速に変わって行きます。少し先を見て、積極的に流れに乗って行きませんか。