メンター必見「能力を最大化する潜在能力開発」

 講師: 柳井玲子氏

セミナー日時:2019年7月20日(土)10時~17時

会場:ホテルKSP(かながわサイエンスパーク)

対象:
MGS 全てのコースで学ばれている受講者の皆様

セミナーのポイント:

人間が持つ脳や身体の可能性をフルに活かす方法論とその仕組み(メソッドを含む)を、マインドフルネス、メタマインドフルネス、脳科学、コミュニケーション論、意識論・・・等の様々な観点で、且つ、誰でも理解できるレベルで実践を交えながら学んでいきます。

セミナー内容:
●潜在能力開発とマインドフルネスの関係性
●マインドフルネスとは何かーその起源と現代生活における有用性
●メタマインドフルネスーなぜマインドフルネスの実践はむずかしいのか―簡単なテクニックでマインドフルネスを完璧にマスターし、一日を通して絶えずマインドフルネスを実践する
●なぜコミュニケーションはむずかしいのかー目からうろこのコミュニケーションテクニックを学び、コミュニケーションの達人になる
●なぜ社会/会社/人間は変わらないのか―意識の7つのレベルからその疑問を完全に理解する

受講者が達成できる内容:
●世界の大企業がこぞって取り入れているマインドフルネスとは一体何かを理解し、その有用性に気づき、自分でも毎日実践できるようになる
●マインドフルネスとラポールの技術を組み合わせ、自己と他人を観察する力を飛躍的にアップする
●相手の心理状態をすばやく的確につかみ、リラックスさせ、真に理解しあえるコミュニケーションをとれるようになる
●相手の潜在力を最大に引き出せるコミュニケーション術を身に着ける
●自分や相手、会社、社会が現在置かれている状態を的確に理解し、それにマッチした対応を選択できるようになる

講師の一言コメント:

今回も皆様とご一緒に勉強できる機会をいただけてうれしく思います。
通常モードの私たちは、左脳(意識の心)を使って生活しています。
スケジュールの把握、問題の把握と対策、業務や社会責任の遂行、人とのコミュニケーションなど全般にわたって、私たちは、持てる力のほんの一部、氷山の一角を使って毎日四苦八苦しています。

今回は、氷山の下に隠れている部分(右脳、無意識)をどのように有効に使うか、をテーマに、いくつかのトピックを選びました。これらの理論の多くは驚くほどシンプルで、目からうろこの体験になってくれると思います。簡単な実践編をまじえながら、1日という短い時間ではありますが、皆様と一緒に、未体験・未知ゾーンにワープしてみたいと思っています。
また、この一日コースをふまえて、よりエソテリックなコースを翌日にご用意いたしましたので、興味のある方にはぜひおすすめいたします。