(12月)「死生学的幸福論」 ~人はどう生き、そして死ぬべきか~

講師:加藤直哉 氏(かとうなおや)

セミナー日時:2019年12月14日(土)10時~17時

会場:ホテルKSP(かながわサイエンスパーク)

対象:
MGS 全てのコースで学ばれている受講者の皆様
・全ての組織人
・人材教育、人材開発、人事担当者、管理職者
・教育関係者

セミナーのポイント:
現在、死後の世界は医学的にも徐々に解明が進み、もはや否定できない証拠が集まってきました。また、その研究において、死後の世界の様子はもちろん、私たちがなぜ生まれるのか、どう生きるべきなのか、という人生の答えも見いだされてきました。ぜひ、この講座を通して、医学的アプローチによる人生の真実に迫っていただきたいと思っています

セミナー内容:
1)死を意識することは、なぜ生を輝かせるのか
2)医学が解明する死後の世界~死後はもはや未知ではない
3)死後の真実が私たちに教えること~私たちはなぜ生まれるのか、何を成し遂げなければならないのか
4)よい死を迎えるために~キーワードは「愛」と「成長」
5)医学的瞑想~1日でマスターできる究極のリラクゼーション
6)なぜ自殺をしてはならないのか
7)なぜ、いじめはしてはならないのか
8)死生学が教える苦しみの乗り越え方
9)死亡記事を書いて自分の本当にやりたいことを見つけよう

*受講者のニーズや傾向によって多少変更になることもございます。
*上記の9つの内容は、当日のセミナーの進行によって順番が異なる場合もございます。

受講者が達成できる内容:
・死の恐怖が消える
・なぜ自殺をしてはいけないのか、なぜ勉強しなければならないのかを、人に伝えることができるようになる
・どう生きるべきかの明確な答えを手に入れることができる。それにより、自信を持って人生を自分で選択し、実行することができる

講師の一言コメント:
死の研究は、実は生の研究でもあります。今、医学は死をどのように理解しているのか、またそこにはどのような生の答えがあるのか、冒険ゲームを解くように一緒に楽しめたらと思っています。できる限り科学的に解説したいと思います。よろしくお願いいたします。